考えていましたが、名案浮かばず

金がないという致命的な目にあいながら、まだ余裕はあります。
それが、来年6月です。
そこまで、持たせられれば、何とか年金は、戻ります。
滞納しまくる生活にも、歯止めが効くだろうかと考えたいのですがね。

司法書士さんからの話、ら●●●カードって、危ないらしいです。
あれの保証会社が、ちょっとグレーなのだそうですよ。
なので、普通は法律事務所に払い終わってから、元金を返していくのですが、同じ速度で、何ヶ月か先に返していくようだそうです。

親父がアホポーンじゃなければと思いながら、悔し涙をこらえて、書いています。
実は、母から借りていたファミマがあります。これを、現金にしてしまうという方法もあります。
そして、6月まで、持たせるのか、分かりはしませんが、厳しいですね。
踏み倒しって、これくらい悲惨なわけです。
ろくな目にあいません。

どうしたらいいのでしょう。
本当に余地がないので、6月まで、死を見るようです。在宅といっても、ネットに繋ぐものがないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です